カニ

このページでは、美肌をつくるスペシャル食材「カニ」の効果についてご紹介します。

実は美肌に効果がある?「カニ」とは?

日本全国で採れる高級食材といえば、カニを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ネットショッピングのお取り寄せランキングでは常に上位になるなど、日本人が大好きなカニは、縄文時代の遺跡からも化石が出ています。

古代から現代に至るまで、なじみのある食材といえるでしょう。

ちなみに、カニと一口に言っても、ズワイガニや毛ガニなどの「カニ目」と、タラバガニやヤシガニなどの「ヤドカリ目」に分けられます。

ズワイガニの足が「ハサミを除いて」8本あるのに対し、タラバガニは「ハサミを入れて」8本なのが大きな特徴。大きさもタラバガニの方が大きなことが多いようです。

世界的には、中国の「上海蟹」や北米で愛される「ソフトシェフクラブ」など、ワタリガニ科のものも人気です。

「カニ」の美肌成分とは?

カニの中で特筆すべき成分は「アスタキサンチン」です。これは、カニの甲羅や身の赤い部分に多く含まれる栄養素で、活性酸素を除去するスペシャルな物質とも言われています。その力は、肌の老化防止成分とも言われるコエンザイムQ10の約1000倍。抗酸化力が高いので、紫外線などによる肌のダメージや老化を防いでくれます。

このアスタキサンチンは、近年エイジングケアの化粧品にも取り入れられていますから、その効果の期待値がわかりますね。

また旨み成分のもとであるアミノ酸の中でも、代謝を促進させるアスパラギン酸、成長ホルモンを増やして老化を防止するアルギニン、美肌に直結するグリシンなどを多く含んでいるのも大きな特徴。

あまり意識している人は少ないかもしれませんが、実は、美肌に欠かせない成分がいっぱいなのです。

気になる口コミをチェック

  • 冬になると必ずお取り寄せするほどのカニ好き。キトサンなどの栄養価がダイエットにいいと思っていましたが、甲羅の成分なのであまり採れず><。でも、赤い化粧品でも有名なアスタキサンチンが入っているので、美肌に効果がある、ということを知り、食べるのに後ろめたさがなくなりました。年齢の割にシミが少ないのは、もしかしたらカニのおかげなのかも!(44歳)