うなぎ

このページでは、美肌をつくるスペシャル食材「うなぎ」の効果についてご紹介します。

土用の丑の日に欠かせない「うなぎ」とは?

夏になると、スタミナ食材としてよく話題にのぼるうなぎ。たれがたっぷりとかかっているうなぎは「脂っこい?」「カロリーが高そう」と思われがちですが、低カロリーで栄養バランスに優れた食材です。

特に、うなぎに含まれている脂は、不飽和脂肪酸であり、一般的には悪玉コレステロールの働きを抑制すると言われています。さらに、老化による脳の衰えを防ぎ、血液をサラサラにするDHA(ドコサヘキサエン酸)や、脳梗塞や心筋梗塞などの予防にもつながるというEPA(エイコサペンタエン酸)も含まれています。

スタミナ食といわれるゆえんは、その健康効果の高い栄養素によるものなのでしょうね。

ちなみに、日本だけでなくヨーロッパ圏でも、うなぎは一般的に食べられていて、古代ローマの時代から人気が高く高価な食材だったそうです。

「うなぎ」の美肌成分とは?

うなぎの美肌の元となるのは、コラーゲンです。

お肌の弾力やキメの細かさに影響するのがコラーゲンですが、うなぎの皮には良質なコラーゲンがたっぷりと含まれています。

さらに、うなぎは白焼きや蒲焼きなど、皮ごと食べることが多い食材ですので、コラーゲンが摂りやすいと言えるでしょう。

さらに、うなぎには、美容液にも配合されているレチノールや、新陳代謝を促進してくれるビタミンB類、若返りのビタミンとしても知られるビタミンEなどのビタミン類がバランス良く配合されているのも大きな特徴です。単品でもバランスの良い栄養が取れるので、肌を元気に活性化させてくれるにはぴったりと言えるでしょう。

気になる口コミをチェック

  • 夏になると、体だけでなく肌もばてやすいので、うなぎ由来のサプリメントは欠かせません。肌を活性化させるには、外側からだけではなく内側から元気にしていかなくてはならないので、滋養強壮、若返りの食材であるうなぎは体も肌も元気にしてくれるお助けアイテムです。(45歳)