その他/魚類編

このページでは、美肌をつくる食材として魚類編をお届けします。

魚類がもつ美肌効果とは?

日本人に魚類。けれども、美肌に効果があると言われると「?」と思う方も多いかもしれません。けれども魚類の中でも、美肌に近づける食材はたくさんあります。

特に注目したいのが、魚類の皮や骨に含まれるフィッシュコラーゲン。サプリメントはもちろん、化粧水などにも由来成分として多く含まれています。

また、青魚、白身のお魚のいずれにも、豊富なアミノ酸が含まれているので、肌を構成する栄養素をしっかりと摂ることができます。

お魚を食べるときに注意したいのは、塩干しなどで塩分を取りすぎてしまうことです。むくみの原因となり、代謝がわるくなって肌ぐすみなどの原因となることもあるので注意しましょう。 

美肌を作る魚類とは?

美肌づくりにおすすめの魚は以下です。

マグロ

マグロの赤身には、豊富なアミノ酸がバランス良く含まれています。アミノ酸は肌を構成する栄養素なので、赤身をしっかりと摂ることで、新陳代謝がたかまり、肌のターンオーバーを促すことができます。トロや大トロなども人気の食材ですが、ダイエットと美肌を考えた場合は、赤身の方がより効果が高いと言えるでしょう。

ぶり

ぶりの中でもぶりのアラの部分には、たくさんのコラーゲンが含まれています。頭の部分や骨の部分は、一瞬グロテスクにも感じられますが、じっくりと煮物にすることで、美肌のもととなるフィッシュコラーゲンがたくさん出てきます。調理するときは、この煮汁の部分にコラーゲンが溶け出しているので、煮こごりやあら汁など、スープごと食べられるメニューにするとよいでしょう。

たら

白身のお魚の中でも、脂肪分が少なく、身がぎゅっと締まっているたらは、タンパク質を司るアミノ酸が豊富に含まれています。また、鍋の季節になると骨つきのたらが売られているのも高ポイント。アミノ酸とコラーゲンを一度に摂ることができます。カロリーも低く、美肌、ダイエットにぴったりと言えるでしょう。