その他/果物編

このページでは、美肌をつくる食材として果物編をお届けします。

果物がもつ美肌効果とは?

毎日の果物を習慣にしている女性は多いことと思います。特に、スムージーなどが流行している昨今、果物を摂る人は増えているのではないでしょうか。

そんな果物の美肌効果はやはり豊富なビタミン。さらに、便秘を解消する食物繊維の一種であるペクチンや、むくみをとるカリウムなども、豊富に含まれています。

けれども、果物は意外とカロリーが高く、一度にたくさん食べると代謝しきれずに脂肪となって体につきやすいというデメリットがあります。

寝る前の果物はできるだけ避け、できれば活動する前の朝や昼に摂るように心がけたいものです。 

美肌を作る果物とは?

美肌づくりにおすすめのフルーツは以下です。

グレープフルーツ

食欲を減少させる香りがあるとも言われるグレープフルーツは、ビタミンCが豊富。美肌はもちろんのこと、風邪予防にも効果が期待できます。さらに、ナリンギンというポリフェノールには、脂肪を分解するという作用が期待できるのだそう。ダイエットとしても美肌作りとしても優秀な果物なのです。

パパイヤ

トロピカルフルーツの中でも、ビタミンA、ビタミンCを多く含むパパイヤ。化粧品などにも含まれているため、美肌効果が高いイメージがあるのではないでしょうか。貧血に効果があると言われる葉酸も多く含まれている上、青いパパイヤには消化促進の効果も。新陳代謝を高めてくれる食材です。

びわ

夏の訪れを告げるびわには、クロロゲン酸というポリフェノールの一種が多く含まれています。さらに、カロテンの一つであるβクリプトキサンチンが多く含まれており、肌荒れへの効果も◎。実はアンチエイジングのフルーツでもあると言えるでしょう。

メロン

甘くてみずみずしいメロンにはカリウムが多く含まれ、利尿作用やむくみ解消にも効果があると言われています。むくみからくる肌のたるみには効果がありそうです。さらに赤肉メロンはβカロチン豊富なので、肌あれにも効果が。アンチエイジング対策としてもおすすめの果物なのです。