その他/加工食材編

このページでは、美肌をつくる食材として加工食品編をお届けします。

加工食品がもつ美肌効果とは?

納豆やチーズ、ヨーグルトなど、私たちの身の回りには加工食品が多く存在します。

これらの中にも美肌成分がたくさん含まれています。まず、特筆すべきなのが、加工食品がもつ豊富なアミノ酸。あるチーズシュバリエ(チーズ鑑評騎士)によると、チーズは「食べる美容液」ともいえるほど、美肌効果と脂肪燃焼が高い食材なのだそう。

新陳代謝を促進するビタミンAやビタミンB群がバランス良く含まれているので、肌・髪・瞳の乾燥や荒れを防いで水分を保ち、皮下脂肪が蓄積しにくい体へと導いてくれるのだそうです。

また、チーズと同じく牛乳を由来とするヨーグルトは、ビフィズス菌が多く含まれているため、肌荒れの原因となる便秘を解消してくれます。

さらに、このヨーグルトは、腸をゆっくり通過するため、栄養素の吸収が良いのも大きなポイントです。

牛乳の良質なたんぱく質や脂質、ビタミン、カルシウム、そして乳酸菌などの栄養がしっかりと摂れるため、腸内バランスが良くなります。肌は腸の鏡とも呼ばれていますから、腸の中がきれいになれば、肌もまたきれいになれるというわけなのです。

さらに、チーズやヨーグルトと同じ発酵食品である納豆は、さまざまなビタミン類、特にビタミンBが豊富なのが特長です。

このビタミンBは肌の代謝を助け、肌荒れを防いでターンオーバーを正常に保ってくれます。さらに微量な栄養素である亜鉛は肌細胞を活性化させるほか、納豆の原料である大豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンを安定させてくれる効果も。その上、コンドロイチンが肌のきめを整え、ネバネバのもとであるムチンがプルプル肌に導いてくれます。

健康効果が高いだけでなく、肌にも嬉しい効果があるのです。

これらの加工食品は、発酵食品であることも大きなポイント。

発酵することで、アミノ酸が変化したり、増えたりすることで、肌によりよい食べ物となります。食事の際にはこれらの発酵食品にも注目したいものです。