フカヒレ

このページでは、美肌をつくるスペシャル食材「フカヒレ」の効果についてご紹介します。

中国三大高級食材「フカヒレ」とは?

「フカヒレ」は「干しアワビ」「ツバメの巣」とともに中国が世界に誇る三大高級食材です。

このフカヒレ、じつはサメ類の背びれや尾びれ、胸びれ、腹びれ部分を加工して乾燥させたものです。

ジンベイザメやアオザメのものが高級ですが、一般的にはヨシキリザメのものが多く出回っています。

日本では宮城県の「気仙沼」が産地としては有名で、中国料理の姿煮などのほか、お寿司などの食材にも使われるそうです。

中華街などに行けば、フカヒレラーメンなどもあり、昔よりは一般的に食されるようになりました。

ちなみに、いわゆる姿煮のかたちではなく、バラバラにほぐれたものでも効果は変わらないそうです。

「フカヒレ」の美肌成分とは?

コラーゲン

フカヒレの美肌成分といえば、何と言ってもコラーゲンです。フカヒレは、長時間じっくりと煮込むことで、コラーゲンが溶けてゼラチン化し、独特のぷるぷるとした食感が生まれるのだそうです。そのぷるぷるとした見た目から、「コラーゲンの塊」と言われることもあるそう。

確かに、繊維の間にぷるぷる、つやつやとしたきらめきが詰まっているのを見ると、肌に良さそうという印象がありますね。

ちなみに、コラーゲンには、美肌効果や肌荒れ改善の他に、筋肉組織を活性化させたり、老化予防、免疫機能アップ、新陳代謝促進などの嬉しい効果もあるそうです。

お疲れ肌のたるみなどを予防するほか、新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを促進してくれるのですね。

コンドロイチン

フカヒレには、保水性や弾力性を肌に与えてくれるコンドロイチンも含まれています。

このコンドロイチンは、軟骨を形成する栄養分も含まれているため、保水力の高い美肌をつくるだけではなく、関節痛の緩和や骨粗鬆症予防にもつながります。

フカヒレは、この美肌のもとであるコラーゲンとコンドロイチンを一度にとることができる食材です。

二つの美肌成分が機能することで、肌が本来持っている機能を活性化してくれるのです。 

気になる口コミをチェック

  • バラバラになったやすいフカヒレを購入して、鍋やスープに入れています。心なしか、顔色が明るく透明感が出てきたような気がします。関節痛にも期待です☆(54歳)