その他/野菜編

このページでは、美肌をつくる食材として野菜編をお届けします。

野菜がもつ美肌効果とは?

野菜の健康効果については、近年多くの研究が進んでいます。

ビタミンはもちろんのこと、食物繊維や微量なミネラルが、肉食に傾きがちな私たちの健康を維持し、体調を整えることがわかっています。もちろん、美肌についても同様で、豊富な食物繊維は肌あれの原因となる便秘の予防につながりますし、美白のビタミンC、新陳代謝のビタミンB、若返りを司るビタミンEなど、さまざまなビタミン類にはそれぞれに美肌をもたらす効果があります。

けれども、野菜を摂る上で注意しなければならないことがあります。

それは生野菜ばかりを食べること。生野菜は体の冷えにつながり、代謝を下げてしまうばかりか、肌のくすみや血色の悪さにもつながってしまいます。

また、生野菜では一度にたくさんの量が食べられないのも問題です。

一方で、生野菜には多くの酵素も含まれていますので、温野菜と生野菜をバランス良く食べることが大切といえるでしょう。

美肌を作る野菜とは?

美肌づくりにおすすめの野菜は以下です。

ニンジン

ニンジンには大量のβ-カロテンが含まれています。このβ-カロテンは、ヒトの体の中でビタミンAに変化し、肌をはじめとして、目や鼻の粘膜を潤して保護してくれます。

アボカド

抗酸化作用が高く、若返りのビタミンとも言われるビタミンE、それからビタミンB2、B6、葉酸などが豊富なので、肌のターンオーバーを促してくれます。ねっとりとした食感からは意外に思われるかもしれせんが、実は食物繊維も豊富なので便秘の解消にも役立ちます。ナッツ類に相当するので、食べ過ぎると人によってはニキビができやすくなるので注意が必要です。

かぼちゃ

ニンジンにも多く含まれるβ-カロテンだけでなく、ビタミンCやEをバランス良く含んでいます。かぼちゃのビタミンCは加熱しても失われることが少ないため、体を温めながら食することができるといえるでしょう。皮に豊富に栄養が含まれているので、食べる時には皮ごと食べ方が良いでしょう。

パセリ

β-カロテン、ビタミンC、Eなどを含むだけでなく、くすみや血色の悪さにもつながる貧血を解消する鉄分も豊富。一つの食材で鉄分とその吸収を高めるビタミンCを一度に取れる、美肌食材と言えそうです。