しみ

このページでは、お肌のお悩みのひとつ「シミ」におすすめの美肌食材を紹介していきます。

しみ(シミ)でできるメカニズムとは

シミの最たる原因の一つが紫外線です。そもそも、肌細胞の中にある核が紫外線を浴びることで、肌細胞のDNAが破壊されたりして細胞が死んでしまいます。

私たちの身体では細胞が死んでがん化するのを防ぐため、表皮の一番下にあるメラノサイトでメラニン色素を作り、肌表面にシミとして浮き上がらせることで、肌が死ぬのをブロックしてくれています。

シミには、この紫外線が原因によるシミと、ホルモンが原因の肝斑、遺伝が原因といわれるそばかすがあります。いずれの場合も、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、さらにひどくなってしまうという傾向があります。

シミを適切に薄くしていくためには、まずは肌のターンオーバーを整える必要があるといえるでしょう。 

美容皮膚科で受けられるシミ治療とは

どんなに食事に気を付けても消えないシミは、美容皮膚科で治療するのがおすすめです。美容皮膚科では、トレチノインやアスコルビン酸といったシミの治療薬を処方してもらえます。

さらに、栄養成分を肌の上から直接届ける導入治療、シミの色素をピンポイントで除去するレーザー治療なども効果的です。

レーザー治療は即効性がある分、数万円するなど高額な治療ですが、導入治療は1万円以下で受けられるクリニックもありますよ。

オススメのシミ対策食材とは

しみ対策におすすめの食材は以下になります。

ツバメの巣

ツバメの巣には、肌を再生させるためのタンパク質の一種である表皮の成長因子や、真皮に働きかける成長因子に似た働きをもつ成分があると言われています。

これらを十分にとることによって、肌のターンオーバーが整い、いらなくなったメラニンが排出されるようになるのです。

肌を健康にし、肌代謝を良くすることが、シミの対策につながるといえるでしょう。

豚肉

豚肉には、肌の代謝を良くしてターンオーバーを正常にする作用があるビタミンB2が多く含まれています。

代謝力が上がると、メラニンの排出が起きやすくなるため、できてしまったシミを薄くすることが期待できます。

トマト・ピーマン

トマトやピーマンに含まれるリコピンは、ビタミンEの約100倍もの抗酸化力を持つと言われています。

その作用で紫外線による肌ダメージを修復し、メラニンの生成そのものを抑制します。さらに、豊富に含まれているビタミンCは、美白栄養素の代名詞でもあり、シミの原因となる活性酸素を除去してくれます。

シミの解決には、紫外線をブロックしてシミの原因となるメラニンを作らせないことも重要ですが、肌の内側から紫外線ダメージを回復させることも重要です。これらの食材をぜひ試してみてください。

人気のツバメの巣商品の比較ランキングはこちら>>