八方燕

ここでは、ツバメの巣の各ブランドの商品の中から、日本では珍しい乾燥タイプの「八方燕」を紹介します。

八方燕の特徴とは?

八方燕は、日本では珍しい、乾燥タイプのツバメの巣です。

丁寧に採取されたツバメの巣を、インドネシアの加工工場で、粘着剤や化学薬物を一切使用せずに慎重に作り上げています。

従来のツバメの巣は、巣の形を保つためにゴミや汚れ、羽などがついていたのですが、八方燕は、使いやすさを重視して、形をあえて変えることで、ゴミや汚れ、羽などの異物を徹底除去。自宅でも加工しやすく仕上げました。

製造している「老行家」は、アジアの各国では燕の巣の老舗ブランドとしてかなり有名なお店で、台湾で48店舗、マレーシアで16店舗、香港で3店舗、シンガポールで2店舗と多くの店舗を展開しています。アジアセレブも愛する品を日本でも味わえるのは嬉しいですね。

ユーザーの口コミをとことんチェック!

  • 調べてみた中では、一番信頼ができるツバメの巣の販売元だと思います。ツバメの巣は高価なだけに、偽物も多く出回っていると聞きますし、きちんと現物が乾燥しているものでないと、やはり信用ができなくて…こちらのショップは、インドネシアのものをアジアで同時発売しているのだとか。やはり信頼あってこその効果ですよね♪(32歳)
  • ツバメの巣の乾物と聞くと、長い時間をかけて戻すなど、面倒なイメージがありましたが、携帯の保温マグで簡単に戻せるので、すごくお手軽。毎日ヨーグルトに混ぜて食べています。いつの間にかプルップルのほっぺたになりました!(38歳)
  • 毎朝スムージーに入れて飲んでます。ツバメの巣のおかげで程よいとろみがつくので、スムージーが飲みやすくなりました。肌はもちもち、ツルツルで透明感もばっちり!シアル酸のおかげでコラーゲンが効いているんですね!(46歳)

八方燕の商品情報

  • 商品タイプ:乾燥タイプ
  • 価格:1個/5,184円(1週間分)・税込
  • 1日あたり:740円
  • 販売元:グリーンプラス