摂取方法いろいろ

ここでは、ツバメの巣の摂取方法について考えてみます。

ツバメの巣の摂取方法とは

中国料理において、ツバメの巣の一般的な食べ方は「スープ」や「デザート」です。

そのため、日本で手に入るツバメの巣もスープやゼリーなどの加工品が多く出ているようです。ここでは日本で手に入るツバメの巣の商品の摂取方法について、メリットとデメリットを考えてみました。

サプリメントタイプ

メリット…サプリメント形状のツバメの巣は、携帯性が高いことが一番のポイントです。いつでもどこへでも持ち歩けるため、外出の多い人や旅行などの時には非常に便利だと言えるでしょう。

デメリット…サプリメントの多くは、ツバメの巣100%ではありません。

その多くがフカヒレやサメ軟骨などが主成分です。時には、サプリメントの構成要素としては本当にわずかであるのに「ツバメの巣」をうたっている商品もあります。ツバメの巣の栄養の恩恵を受けるという点では疑問が残るといえるでしょう。

ドリンクタイプ・ゼリータイプ

メリット…ドリンクタイプやゼリータイプは、デザートのような感覚で飲むことができるため、ツバメの巣を戻す手間がありません。

面倒なことが苦手な方でも手軽にツバメの巣を取り入れることができるといえるでしょう。

デメリット…ドリンクやゼリーは甘みがつよいため、カロリーが高くなりがちなのが気になるところです。

また、健康食品独特の薬くささや風味が受け入れ難いという人も多く、人工的な味が飽きやすいという意見もあるようです。さらに、サプリメント同様、他の材料が多く含まれてしまう点にも注意が必要でしょう。

乾燥タイプ

メリット…ツバメの巣そのものを乾燥させているため、「ツバメの巣」の恵みを十分に受け取ることができます。

また、ツバメの巣は本来無味無臭のものですので、デザートだけでなく、スープやお惣菜などにも入れることができますので、味に飽きずに続けることができます。

デメリット…保温容器にお湯を入れて放置するだけでOKなのですが、ちょっとした手間も面倒だ、という方には続けにくいようです。

これらのことを考えると、やはり「ツバメの巣」の健康効果をしっかり受け取るなら、乾燥タイプを選ぶことをお勧めします。ぜひ一度、乾燥した本物の燕の巣を手にしてみてはいかがでしょうか。